NUMANOI / 街と共生する小さな再開発        

街と共生する小さな再開発

中央区月島地区で検討した中小規模共同建替の代替案。 湾岸地区では都市再生緊急整備地域に指定され第一種市街地再開発事業によるタワーマンションが林立している。 なかでも月島地区は、街並誘導型地区計画により路地空間を活かした個別建替えが促進されていたが、 不在地主の増加や居住者の高齢化に伴い、再開発の波が押し寄せている。 タワーマンションによる再開発事業は、高い還元率を確保できる一方で、事業期間が長いため高齢地権者の身体的負担が大きいこと、 100名以上の地権者の間に賛成派反対派を生み地域のコミュニティを分断すること、 既存市街地と大きなボリュームギャップを生むこと等の問題がある。

本計画では、元々中央区が策定している街並誘導型地区警句を活かすため、 5世帯以上の地権者を対象としたコーポラティブ方式による共同建て替えにより、 現地権者と新規居住者どうしのコミュニティを再編しながら街並みの更新を図ること、 路地や長屋の風景を次世代につなぐことを考えた。

Placeholder image

(c) satoshi numanoi

Placeholder image

(c) satoshi numanoi